自分に合う老眼サプリを選ぶために知っておきたいこと

老眼サプリの選び方

自分に合う老眼サプリを選ぶために知っておきたいこと

更新日:

老眼を少しでも改善させるためにどんなサプリがいいのか探していると、種類が色々ありすぎてどれが自分に合うのか迷ってしまうという声も少なくありません。

そこで、毎日安心して飲み続けるためにも、もちろんしっかりサプリのサポート力を体感するためにも、自分に合う老眼サプリを探すコツをご紹介します。

老眼サプリは含まれている成分で選ぼう

老眼サプリの多くは似たような成分が含まれています。

それは、その成分が老眼をサポートしてくれる成分である証にもなります。

老眼サプリを選ぶときは、以下にご紹介する成分が含まれているかどうか確認して選ぶといいでしょう。

アントシアニン

ブルーベリーなどに含まれているポリフェノールの一種で、天然色素は紫色です。

この色素は太陽から降り注がれる紫外線から身を守るために生まれた成分を言われています。

太陽の光をたくさん浴びた天然のブルーベリーから抽出されたアントシアニンは、非常に高い抗酸化作用があります。

もともとアントシアニンの働きとして、ロドプシンという伝達物質の再合成が促されます。

ロドプシンとは外から受けた光を映像として脳の中に映し出す働きを持っています。

なるほど

このロドプシンの働きは年齢を重ねていくことに遅くなってしまうため、なかなか映像が脳の中に届かなくなってしまいます。

ピントの調節がうまくいかなくなるので、アントシアニンの抗酸化作用の働きが必要になるわけです。

ルテイン

アントシアニン同様に、とても高い抗酸化作用のある成分です。

ルテインは瞳の水晶体や黄斑部にある成分のひとつで、こちらも年齢を重ねていくごとに減少することが分かっています。

年齢を重ねてくると老眼が進んでいく理由がお分かりいただけたでしょうか。

このルテインは私たち人間の体の中で生成されない成分ですので食べるもので補う必要があります。

ルテインが含まれる食材

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • 夏カボチャ等の緑黄食野菜

現代人の食事は野菜不足と言われているので、多くの方がルテイン不足に陥っていることが考えられます。

まだ早いと思っていたのに老眼で悩んでいるという声があるのも納得かもしれません。

ルテインは活性酸素を除去する抗酸化作用があるので、毎日必要量を摂り入れることが出来れば老化の改善、さらには老化の予防をサポートしてくれます。

活性酸素は私たちの体の老化を速めてしまうことで有名ですが、体だけでなく目にも同じことが言えるのです。

アスタキサンチン

こちらも抗酸化作用のある成分のひとつで、老化の改善や予防をサポートしてくれる成分です。

筋肉の疲労を軽減させる働きがあるので、加齢による老眼だけではなく疲れ目にも積極的に摂り入れたいところです。

アスタキサンチンが含まれている食材

  • マス
  • 筋子
  • いくら
  • エビ
  • かに等

以上の食材は毎日摂るのが難しくアスタキサンチンが不足しがちになるため、老眼サプリとして摂り入れたい成分として注目を集めているのです。

不飽和脂肪酸

いわゆるDHAやEPAと呼ばれるものです。驚くことに、このDHAやEPAは網膜のおよそ4割以上を占めている成分なのです。

目にとってスクリーンとなる網膜ですから、DHAが不足することで老眼が悪化することは容易に想像できるでしょう。

老眼の改善や予防をサポートするだけでなく、脳の働きを活発にするサポート力もありますから、年齢問わず積極的に摂り入れていきたいところです。

青魚に豊富に含まれていますが、やはりこちらも毎日食べ続けるのは困難ですから、老眼サプリで補っていきましょう。

老眼サプリの含まれている成分量で選ぼう

サプリを選ぶときのコツとして覚えておきたいのが、成分がどれだけ含まれているか含有量を確認しておくことです。

一日に必要な摂取量を、サプリが推奨する用量で補うことが出来て初めて、体に必要な量を満たしてくれます。

先ほど紹介した成分それぞれの成分量を確認していきましょう。

アントシアニン

老眼サプリとしてアントシアニンを補う場合、一日の推奨摂取量は40~90mgと言われています。

成分表を見たとき、中にはアントシアニンをmg単位で表記してないものもあります。

この場合、ブルーベリーエキスが何mg配合されていて、そのなかの何%がアントシアニンと表記しているタイプがあるのです。

なるほど

一見すると分かりにくいのが難点ですが、例えばブルーベリーエキスが230mg配合されていたとします。

そのうち32%がアントシアニンの含有量と表記されていた場合、アントシアニンはおよそ73mg配合されていることになります。

先ほど話した一日の推奨摂取量の範囲内なので、一日に必要なアントシアニンをしっかり補えますし、過剰に摂取する心配もありません。

ルテイン

ルテインの推奨摂取量は一日6mgと言われています。

これだけの量を食事で補うのは非常に難しく、サプリのサポートが必要になります。

ほうれん草で例えるとサラダボウルに4~5杯分が必要と言われていますから、いかにサプリが心強い味方になるのかお分かりいただけたでしょう。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは一日の推奨摂取量が12mgと言われています。

これは鮭の切り身で例えると12切れ分、イクラで例えると大さじ20杯分にもなります。

さすがに毎日摂り続けるのは大変です。

不飽和脂肪酸

DHAとEPAを合わせて1g以上が一日の推奨摂取量と言われています。

ちなみに刺身のような生で食べる場合はマグロのトロなら4~5切れなので案外少ない量に思われますが、刺身を毎日食べ続けるのは簡単なことではありません。

さらに、焼いたり煮たり調理をすれば、それだけ脂分が逃げてしまうので、さらに多くの量を食べなければ補いきれません。

サプリは健康を維持するために必要不可欠なのです。

やっぱり気になる老眼サプリの価格

サプリは毎日継続して飲み続けてこそ体質改善を目指すことが出来ます。

そのため、体の変化として体感できるのは長くても3~4か月は必要と言われているのです。

サプリの多くは少なくともそのぐらいの期間は飲み続けてほしいと訴えています。

これは少しでも多く販売したいという思いからではなく、体の変化を感じるまでそのぐらいの期間を要するためなのです。

注意ポイント

値段が安ければ効果がないというわけではないですし、高ければいいというものでもありません。

肝心なのは先ほど話した成分量です。

続けるなら自分が飲みやすい老眼サプリを

毎日飲み続けることを考えたとき、いくら効果が実感できても飲みにくければ継続するのが大変です。

サプリは色んな形状があります。

サプリの形状の特徴

  • ドリンクタイプ…即効性があり、味がダイレクトに伝わる。そのまま飲むだけなので続けやすい。
  • カプセルタイプ…飲みやすく、中身の味を感じない。サイズが大きくなりがち。
  • 錠剤タイプ…カプセルタイプと比べて小さめで溶けやすい。喉に引っかかるのが苦手な方におすすめ。

人それぞれサプリの飲みやすさの感じ方は違いがありますから、実際に試してみて飲みやすいものを選んでみてはいかがでしょうか。

各サプリの公式サイトではトライアルとしてお試しタイプが用意されているところもありますから、お気に入りを見つけてさっそく申し込んでみましょう。

>>老眼サプリランキングの詳細はこちらから確認できます<<

❏老眼予防サプリおすすめランキングベスト10

老眼サプリ 1

スマホを使い始めたころから急に老眼が気になり始めました。 年齢的にはまだ30代になったばかりなので、さすがに老眼ではないだろうと思っていたものの、スマホを少し離して見たところ見やすいと感じました。 実 ...

ピント調節をサポートしてくれる「えんきん(ファンケル)」 2

目のかすみはピンボケで物が見えにくくなるのは年のせいだけでなく、日ごろから目を酷使している人なら悩んでいることではないでしょうか。 私もその一人で、仕事でパソコンを使うことが多いため、目の不調を感じる ...

ズシンとくる目の悩みは「なごみアイ」のダブルの力でスッキリ解決! 3

まだまだ働き盛りの30代半ばにして、なんとなく目の疲れが酷くなったと感じるようになりました。 もしかしてこれがスマホ老眼なのかと心配になるぐらいです。 頻繁ではないものの手元のスマホにピントが合いにく ...

もしかして老眼!?視界がボンヤリしたら始めたい「朝のルティン&プラセンタ」 4

毎朝新聞に目を通すのが恒例となっていましたが、ある日なんとなく文字が見えにくく感じました。 もともと新聞の字は小さいですから、ただの疲れ目だろうと思っていましたが、そのほかにもスマホの文字が見えにくい ...

5

とうとう自分にもやってきたか、とスマホを見るときに離さないと見えにくくなった現状に大きなショックを受けました。 まだ30歳になったばかりでしたが、スマホ老眼がテレビで話題になっていたので、もしかしたら ...

「北の国から届いたブルーベリー」のたっぷりブルーベリーエキスで老眼対策 6

老眼は小さい文字が見えにくくなることと分かっていましたが、私が最初に目の異変に気付いたのは、光がまぶしいと感じたことです。 スマホやパソコンを使いすぎたせいだと思ってたのですが、それからしばらくすると ...

目と記憶の両方をサポートしてくれる「アイノウ(エバーライフ)」 7

年齢を重ねるごとに衰えを感じてしまうことは寂しいことではありますが、やせ我慢をしたところで状態がよくなるわけではありません。 まさか30代半ばにしてスマホ老眼になってしまうなんて想像もしておらずとても ...

老眼対策サプリならポリフェノール豊富な「ブルーベリーは実より葉」 8

30代後半に入ったころ、なんとなく視界がぼやけることが多くなりました。 視力検査は悪い数字ではないので、疲れ目が原因だと思いつつも夜になると見えにくさも感じるようになったため不安になりました。 眼科で ...

光がつらいのはルテイン不足?「メラックスeye(アイ)」で目の悩み解決! 9

アラフォー世代に突入して、体に出てくる不調が気になる年代になりました。 サラリーマンとして責任のある立場になったことも体調を見直すきっかけになったかもしれません。 普段はデスクワークが多いのでパソコン ...

ハッキリくっきり視界に戻すため始めたロート製薬の「ロートV5粒」 10

物が見えにくくなる年代になったんだなあと痛感し始めた40代。 視力が悪くなったわけでもないのに視界がボンヤリするのは生活するにも仕事をするにも困ることが増えて、ほとほと参りました。 とりあえず疲れ目用 ...

-老眼サプリの選び方

Copyright© 老眼予防サプリメントおすすめランキングベスト10|効果と価格で徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.