老眼サプリの効果を検証|老眼サプリおすすめランキング【最新版】

老眼予防サプリメントおすすめランキングベスト10|効果と価格で徹底比較

老眼予防対策

年齢を重ねてくれば体のいろんなところに悩みを抱えるようになります。
そのひとつが「老眼」です。

視力がいい人も悪い人も、いつの間にか目の衰えを感じてしまうことに嘆いていますが、老眼は誰でもなるものなので落ち込む必要はありません。
だからと言って何もしなければ老眼の進行が早まる可能性も捨てきれません。

まずは簡単にできる老眼チェックをご紹介しますので、自分の老眼がどの程度進行しているのか簡単チェックをしてみましょう。

《目次》

簡単にできる老眼チェックで確認してみよう

老眼予防対策

自宅で簡単老眼チェック

自分の老眼がどの程度進行しているのか簡単にチェックできる方法があります。
もしかしたら老眼かな、と気づき始めるきっかけの第一歩が文字の見えにくさです。

例えば「ポ」と「ボ」この違いがハッキリ分からずに読みにくいと感じた場合は老眼が始まっている可能性が高いと言われています。

近点チェック

老眼予防対策それからどこでも出来る簡単チェック方法として「近点チェック」があります。
目の高さに人差し指の腹を向けて徐々に遠ざけていき、人差し指の指紋がハッキリ見える場所が「近点」と呼ばれるところです。

それがピントが合う場所という意味になります。
本来正確な近点は眼科で測るものですが、自分でもある程度は測ることができます。

ちょっと気になる話


ピントの合う距離が30センチ以上離れている場合は、老眼鏡が必要な状況であることがハッキリ分かっています。

ピントの合う距離の目安

・40歳から45歳の場合は近点が30センチ
・46歳から50歳は40センチ
・51歳から55歳は60センチ
・56歳から60歳は80センチ
・61歳以上は80センチ以上
もちろん個人差があるので、これはあくまでも一般的な目安としてとらえてください。

そのほかの症状

老眼予防対策

自分でできる老眼チェック

・文字が小さいと見えにくい
・近くにあるものを見続けると疲れる
・肩こりや頭痛がひどくなった
・部屋の明かりが暗いと感じることが多くなった
・スマホや携帯の文字が読みづらく感じるようになった
・パソコン作業が続くと目がしょぼしょぼしたり、かすむことが増えた
・新聞や雑誌、本を読むときは目から離したほうが見やすい
・以前と比べてピントが合うまで時間がかかる
・文字や数字の見間違いが増えた
これらの項目が2つ以上当てはまる場合は老眼が進行してると診断できます。
老眼は年齢を重ねてくれば誰にでも起こりうる症状です。

出来るだけ老眼の進行を遅らせたり、サプリなどで老眼の症状をサポートするなど生活スタイルを見直してみましょう。

疲れ目と老眼は似ているけれど違う?老眼はどんな症状が現れるのか

①以前に比べて目が疲れやすい

いつもより目を使いすぎたからと勘違いする方が非常に多いですが、老眼は小さな文字が見えにくい状態をいいますから、小さい文字を読もうと目に負担がかかるため以前に比べて目が疲れやすいと感じる場面が増えるのです。

症状の現れる時期は個人差があるものの、一般的に年齢が40歳を過ぎると老眼が始まると捉えていいでしょう。

②小さい文字が見えにくい

それから、近くのものが見えにくくなるという症状は自覚症状としてすぐに気づきやすいかもしれません。

これまで何気なく読んでいた新聞、雑誌、スマホの文字などが見えにくいと感じた場合、老眼が始まっている可能性が高いでしょう。

新聞や雑誌などの小さい文字が見えにくいのは、ピントが合いにくくなっている証拠で、これは老眼と診断される項目のひとつになっています。

明るい場所だと見えるけれど暗い場所だと同じ文字でも見えにくいという場合、これも老眼の特徴です。

老眼サプリ

③物がかすんでよく見えない

文字以外にも物がかすんでよく見えないという場合も老眼の症状のひとつとして捉えてください。

これは毛様体筋という目の筋肉が年齢を重ねたことで硬くなってしまうことが要因となっています。

同時に水晶体が硬くなるためピントの調整がこれまでのようにうまくいかなくなります。

目がかすむのはこれらが考えられるものの、一時的な眼底疲労でも目がかすむので、どちらが原因で目がかすむのかハッキリさせることが出来れば、適切な対策を取り入れることが出来るでしょう。

④肩こりや頭痛も老眼の症状のひとつ

最後に肩こりや頭痛のことです。
老眼と何も関係がなさそうに思えますが、老眼が進行しているにも関わらず老眼鏡を使うなどの対策をとらないと、物を見ることが大きな負担になります。

これは目に負担がかかるだけでなく、肩こりや頭痛も症状のひとつとして現れます。
人によって肩こりや頭痛がひどすぎて吐き気をもよおす方もいるため、老眼だからと簡単に捉えないようにしてください。

ここまで話したことに身に覚えがある場合、さらに年齢が40歳を過ぎていることも該当するなら、老眼を疑ったほうがいいかもしれません。
自分に合う老眼鏡を一日も早く用意して、シーンに合わせて使うようにしましょう。

目にこれ以上負担をかけないことと、体の不調を軽減させるためにも老眼鏡は必要なアイテムになるはずです。

症状が似ている老眼と目の疲れ

老眼予防対策まずは老眼の仕組みからお話しします。
老眼は年齢を重ねてくると誰にでも起こる症状のひとつで、加齢によって物を見るときに必要な目の力が弱まってしまうことで老眼になることが分かっています。

毛様体筋の働きによって水晶体が収縮することで私たちは物に焦点を合わせて見ることができますが、この働きが加齢によって弱まることで焦点が合いにくくなるのです。
これが俗に言われている老眼です。

老眼なのか疲れ目なのかを見極めるコツ

老眼予防対策この状態は目の疲れにとても似ているので老眼なのか疲れ目なのかハッキリ分からないという方もまだまだ多いようです。
見極めるコツとして、疲れ目の場合は物の見えにくさが時間の経過とともに解消されていくものの、老眼は解消されることはありません。

むしろ時間が経つことで目に負担がかかり、さらに物が見えにくくなるのが老眼の特徴と言えます。
目の疲れは眼底疲労と呼ばれることも多いですが、日本眼科学会によると眼底疲労は目を使う作業を長時間続けることで目がかすんだり、まぶしさを感じやすくなったり、目に痛みが出たり充血するなどの症状が現れます。

そのほかにも肩こりや頭痛、場合によっては吐き気をもよおすこともあり、解消するために休憩して目を休める必要があると言われています。

老眼は目の不調、疲れ目の症状は肩こりや頭痛、吐き気

老眼予防対策特に目の疲れの場合、症状として多く訴えられるのが肩こりや頭痛、吐き気ですが、老眼目の不調を訴える方が多いのが特徴です。
疲れ目と老眼は少し違うことがお分かりいただけるでしょうか。

疲れ目はパソコンやスマホなどを長時間使い続けていることのほかにも、時間が経つのも忘れるほど本を読み続けることでも起きてしまいます。
分かりやすく例えると、同じ作業を繰り返していると肩が凝ります。

肩に負担がかかったまま作業をすることで肩が凝り、酷い場合は肩に痛みを感じたり痛みがひどすぎると吐き気をもよおす方も少なくありません。
これと同じ状態が目にも起こっているのです。

老眼予防にどんな対策がおすすめ?注目度の高い老眼サプリ

老眼予防対策

食べ物を意識して老眼予防

老眼予防のために今すぐ簡単に始められる方法として食事を見直すという方法があります。
特に老化を防ぐ作用をもたらす抗酸化物質は、体の酸化を防ぐだけでなく目の老化にも作用をもたらすので積極的に取り入れたいところです。

特にルテインという成分は強い抗酸化作用があります。

ルテインが豊富に含まれている食材

・セロリ
・パセリ
・ケール
・ホウレンソウ
・ブロッコリーなど
サラダや温野菜、スープなどでも簡単に取り入れられる食材ばかりです。

日頃から意識した食生活で老眼予防できる

また、コエンザイムも同様に強い抗酸化作用があり、豆製品、牛肉、豚肉、青魚などに豊富に含まれています。
もちろんブルーベリーもおすすめです。

ブルーベリーにはアントシアニンと呼ばれる老眼予防をサポートする成分が含まれており、ブドウや黒豆にもアントシアニンは豊富に含まれています。
これらの食材は日ごろから取り入れやすいので、これからの食事に積極的に取り入れていきましょう。

簡単老眼予防に目の体操をはじめよう

老眼は目の働きの衰えも要因のひとつですから、目の体操を取り入れて目の働きを回復させていきましょう。
特に難しいことはありません。

目の体操①

1.指先を目の前に出して腕を伸ばします。
2.その状態で指先を2~3秒見つめたら次に遠くの景色に視線を移します。
3.これが1セットで3セット繰り返しましょう。

気づいたときに取り入れられる老眼対策のトレーニング

老眼予防対策それから眼球を回す体操も取り入れてください。

目の体操②

顔はそのまま動かさず、眼球だけを上、左斜め上、左、左斜め下、下、右斜め下、右、右斜め上、そして上、これを1セットとして3セット行います。

最後に目を開けたり閉じたりする体操です。

目の体操③

瞼を少し強めにぎゅっと閉じて2秒、勢いをつけて目を開いて2秒、これを1セットとして3セット繰り返します。
どれも簡単にできる老眼対策方法です。
特に道具なども必要ないので自宅でも出来ますし、職場などでも気づいたときに取り入れることが出来ます。

1日数回、これを継続していくことでトレーニングの効果が発揮されるでしょう。

老眼予防&対策に効く目のツボとは

老眼予防対策私たちの体にはたくさんのツボがありますが老眼に効くツボもあり、その名は「老眼点」です。
手のひら側の小指の付け根に横ジワがありますが、この横ジワの真ん中が老眼点です。

指の腹でゆっくりと押したり指を離したりツボを刺激してみたり、市販のお灸などを使っても良いでしょう。
それからエネルギーが湧いてくるツボとして「合谷」があり、親指と人差し指の付け根の分かれ目部分にあります。

反対側の親指を使って優しく押していき、間違っても関節や骨を押さないようにしてください。
最後に「魚際」というツボですが、こちらは親指の付け根のしたにあるふくらみです。

手のひらの外側、手首の付け根あたりです。
反対側の親指の腹を使って優しくツボをほぐしていきます。

合谷も魚際も指で押す以外に、市販のお灸を使っても効果はあります。

睡眠を改善して老眼予防&対策

老眼予防対策老眼は目の衰えが原因ですが、もちろん普段の生活習慣が乱れることで老眼の症状が悪化してしまうことも考えられます。
その一つが睡眠です。

最近ぐっすり眠れていますか?
朝起きてもなんとなく疲れが取れていないという場合、お世辞にも睡眠の質がいいとは言えません。

睡眠不足が改善されることで老眼予防に繋がりますから、この機会に普段寝ているときの様子を改善してみませんか?

自分に合った枕や、リラックスできるアロマで改善

老眼予防対策例えば簡単な対策方法として、枕カバーやシーツ、タオルケットなどを見直してみてください。
肌触りの良いものに変えるだけでも劇的に睡眠の質が良くなります。

寝ている間は意識がないのだから関係ないと思う方もいますが、無意識だからこそ心地いいと感じる状態の中で寝ることが大事なのです。
人それぞれ好みの肌触りがありますし、季節に応じて温かみのある素材、ひんやり心地のいい素材などを使い分けてみてください。

それから香りもこだわってみませんか?
リラックス効果のある香りと言えばラベンダーが代表的ですが、先ほどの手触り同様に人それぞれリラックスを感じる香りは違いますし、季節やそのときの気分によって心地よさを感じる香りが違うこともあります。

寝る前にアロマオイルと焚くのは火事の危険性もあるので、アロマオイルを数滴枕に垂らしてみるといいでしょう。
部屋にポプリを置いて好みのアロマオイルをたらすのも効果的です。

空気が乾燥する季節は、アロマオイルを使える加湿器を使うという方法もおすすめです。

目薬で老眼予防&対策

老眼予防対策目のトラブルや悩みを目薬でも解消できます。
老眼と一言で言っても人それぞれ症状に違いがありますから、老眼対策用の目薬の中から自分の症状に合った目薬を探すことが大切です。

老眼予防のための目薬として販売されているものによく含まれている成分をいくつかご紹介します。
まずはビタミンB12です。

これは末梢神経を修復してくれる可能性が期待できるため、老眼を予防するため、老眼で悩んでいるときに必要な成分と言えます。
そのほかにもコンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、渇きからくる目の疲れを改善する作用をもたらします。

ネオスチグミンメチル硫酸塩は、目のピントが合うようにサポートしてくれます。
タウリンやビタミンB6、パンテノール、L-アスパラギン酸カリウムは、目の組織そのものの代謝を促進する作用をもたらします。

目薬を選ぶときはそれぞれの症状に合った成分が含まれているタイプを選びましょう。

老眼手術で老眼対策

老眼予防対策ちょっと怖いような話に聞こえるかもしれませんが、老眼対策として手術によって症状を改善させる方法もあります。
専門的な機関で専門医による手術ですから安心です。

手術の種類ですが、例えばモノビジョンレーシックという老眼手術はレーシック手術のひとつで、片方の目で遠くを見るようにして、もう片方の目で近くを見るようにします。
これで遠くの景色も近くのものにもピントが合うようになります。

手術後は多少違和感を覚えるものの、慣れてくると特に気になることはなく、自然に過ごせることが出来ます。
そのほか多焦点眼内レンズという方法があります。

水晶体の調整する働きが弱くなることが老眼の原因のひとつとなっていますが、この水晶体の代わりに多焦点眼内レンズを挿入する手術法です。
2重焦点を作ることが出来るので、先ほどのモノビジョンレーシック同様に、遠くの景色も近くのものにも焦点が合うようになります。

老眼サプリで予防と対策

老眼予防対策世の中には健康をサポートしてくれるサプリがたくさんあります。
老眼を予防するサプリももちろん人気があり、注目度も上がっています。

たくさんあるからこそ、どんな成分が含まれているのか厳しくチェックする必要があるのです。

老眼サプリとしてオススメな成分とは?

・アントシアニン
・ルテイン
・クロセチン
・ゼアキサンチン
・銅
・亜鉛
・ビタミンC
・βカロチン
これらが含まれているタイプのサプリを選んでください。

これらは老眼の症状をサポートする働きのある成分なので、出来ればこれらの成分を一つでも多く含まれている目薬を探しましょう。
いつでもどこでも目薬を差せるように持ち歩くことも忘れないでください。

目薬によって一日に何回差せばいいのか説明書きをしっかり読んで、老眼の予防や対策のために目薬を相棒にした生活を送りましょう。

老眼でも慌てない、老眼と上手に付き合うために知っておきたいこと

老眼予防対策

老眼鏡は必須アイテムになる

老眼を認めたくないという方もいますし、老眼鏡をかければさらに老眼が進行すると勘違いしている方もまだまだいます。
しかし、目のトラブルはその時の目の状況に合わせて改善する必要があります。

なぜなら、老眼の場合は何もしなければさらに老眼が悪化することが考えられるためです。

ちょっと気になる話


知らない方も多いようですが、老眼のまま老眼鏡もかけずに過ごしていると認知症になる可能性が高くなることも分かっています。
普通の眼鏡と違って老眼鏡は見た目が一気に老けてしまうという悩みがあるようですが、先ほど話した認知症について詳細を知ると、老眼鏡の必要性を痛感するはずです。

老眼を放置、認知症になる割合はおよそ2.5倍

老眼予防対策アメリカの医学雑誌によると老眼の研究結果として、視力に特に問題がないと答えた人に比べて、老眼を放置したまま眼鏡もかけていないという方の認知症になる割合はおよそ2.5倍と発表されました。
この検査結果に驚く日本人も多く、老眼の程度に合わせて老眼鏡を作る方が増えています。

老眼鏡によって視力が回復されれば視界が良好になり、見えにくかったことによるストレスが一気に解消されます。
老眼との付き合い方を考えたとき、これ以上悪化させない努力も必要ですが、今の状態を改善するため、これ以上目に負担をかけないためにも老眼鏡はぜひ用意してもらいたいアイテムです。

なにより、これまで見えにくかった状態が解消されることで目の疲れが軽減されます。
目の疲れがなくなるとそれに伴っていた頭痛や肩こりなども一緒に解消されるのです。

ちょっと気になる話

また、自分ではなかなか気づきにくいですが、見えにくい状態が続くといつの間にか眉間にシワが寄ります。
これがもとになって小ジワが出来てしまえば老眼以外の悩みがまたひとつ増えてしまうことになりますから、自分に合う老眼鏡を準備しましょう。

パソコンやスマホとの付き合いを見直してみよう

老眼予防対策普段特に目のトラブルがない方でも、パソコンやスマホの画面を見続けることは目に大きな負担をかけてしまいます。

老眼の場合はなおさら、その状況が老眼を悪化させるきっかけになる可能性があるのです。

老眼との付き合い方のひとつとして、PCやスマホの使い方をこの機会に見直してみましょう。

PCのディスプレイの高さを見直す

老眼予防対策例えばPCのディスプレイの高さや見るときの視線はどうなっていますか?
ディスプレイを見たときに視線が上を向いていませんか?

これは目の開き方が大きい状態なので、目が乾きやすい状態が続きます。
目の渇きは目の疲れに直結するため、少しでも目の開きを抑えるためにディスプレイは視線より下になるように高さを調節してみてください。

視線が下向きになればそれだけ瞼が閉じるので、目の乾燥を防ぐことが出来ます。

PCのディスプレイの明るさ

老眼予防対策あとはディスプレイの明るさも調節してください。
画面が明るいと確かに見やすいという印象がありますが、明るすぎる画面は目に大きな負担をかけてしまいます。

設定では「輝度」を選んで調節してください。
もちろん暗すぎるのも目にストレスを与えてしまうので、ちょうどいい明るさを見つける必要があります。

例えば検索サイトへアクセスすると、背景が白いことが多いはずです。
この白い背景が真っ白でまぶしいと感じた場合は明るすぎるので、少しだけ輝度を下げてみてください。

目に負担がかからないことがすぐに実感できるはずです。

PCのディスプレイからの距離

老眼予防対策それからディスプレイとの距離も大切です。
一般的に推奨されているディスプレイと目の距離は40センチから50センチと言われています。

それより近かったり遠いと目が疲れてしまうので、ピントが合わない場合はディスプレイを40センチから50センチ離した時に丁度ピントが合う老眼鏡を購入してください。
最後に部屋の明かりや窓の外の明るい背景がディスプレイに映らないようにすることも大切です。

背景の映り込みはハッキリ見えない場合でも徐々に目に負担をかけています。
どうしても場所を移せないという場合は、光が入り込まないようにする反射防止のフィルムをディスプレイに貼るといいでしょう。

老眼をサポートするサプリもおすすめ

老眼予防対策老眼鏡を使うことも対策のひとつとなりますが、目の機能が衰えている状態が老眼なので、その機能をサポートする成分が含まれた老眼サプリを取り入れることもはじめてみてはいかがでしょうか。
様々な老眼サプリの中でも特に注目してもらいた成分があります。

老眼サプリのおすすめの成分

・ルテイン
・アスタキサンチン
・ビタミンB1
・ビタミンC
ルテインは強い抗酸化作用をもたらすのでアンチエイジング効果が期待できます。
アスタキサンチンも同じく強い抗酸化作用のある成分なので、目のピント調節をサポートしてくれます。

ビタミンB1やビタミンCは、筋肉をほぐす働きがあるので、目の疲れを回復させるためにサポート力を発揮してくれます。
ちなみにビタミンCは水晶体にたくさん含まれている成分なので、毎日しっかり補うことで水晶体の働きもサポートしてもらえます。

老眼とは何が原因なのか、そのしくみを理解していこう

老眼予防対策

何が老眼の原因になるのか

年齢を重ねてくれば誰もが経験することになる老眼ですが、なぜ老眼になるのかその原因をお話ししていきます。
老眼とは、簡単にお話しすると目の働きが弱くなってしまったことが原因と言われています。

目の働きが弱くなるのは加齢も要因のひとつです。

目の調整機能が低下が老眼の原因

老眼予防対策まずは目の調整機能が低下することが老眼の原因にあげられます。
私たちの目は本来遠くのものを見たり近くのものを見るときに、それぞれピントを合わせることが出来ます。

これは意識してピントを合わせているのではなく、目にもともと備わっている働きのひとつです。
ところがこのピントを合わせる力が年齢を重ねていくごとに低下するため、ピントが合わせにくくなり手元の文字や物が見えにくくなります。

このピントを合わせるために必要な水晶体と毛様筋の働きの衰え老眼なのです。

血行不良も老眼になる原因

眼予防対策さらに血行不良も老眼になる原因と言われています。
血の巡りが悪いことでいろんなところに不調が現れやすくなりますが、老眼もその中のひとつです。

私たちの体が健康に保たれているのは、血液の流れによってそれぞれの細胞が正常に働くための必要な栄養が体の隅々に行き渡っているためです。
ところが、血の巡りが悪くなると必要な栄養が不足してしまうので、それぞれの細胞の働きが弱くなります。

結果的に目の働きも弱くなり、老眼が進行してしまいます。
目薬やサプリなどを取り入れることももちろん大切ですが、血流を促進させるために軽い運動を始めたり、ストレッチなども取り入れてみるといいでしょう。

活性酸素が最大の敵

老眼予防対策体の老化と言えば活性酸素が最大の敵になります。
活性酸素は体をどんどん錆びさせて老化を速めてしまいます。

目も同じことが言え、老眼の原因に繋がります。
特に目は体の外側に出ているものなので傷つきやすく、ストレスを感じやすい部位でもあります。

そのため活性酸素によって目の老化が早まり老化の悪化が加速します。
これを解消するためには抗酸化作用のある有効成分を取り入れることが重要になります。

食事やサプリなどで積極的に補うようにしましょう。

老眼の仕組みやメカニズムをご紹介

老眼予防対策なぜ老眼になるのか、その詳細をお話ししていきます。
年齢を重ねてくると第二のレンズと言われている水晶体が硬くなってしまいます。

水晶体が硬くなり始めるのは幼少期からと言われていますから、老眼が始まると言われている40代になれば水晶体が硬くなることで働きが鈍くなるのは仕方のないことなのかもしれません。
水晶体は近くを見るときに厚みを増し、遠くを見るときには厚みが減ります。

これが水晶体の本来の正常な働きなのですが、水晶体が柔らかいからこそ本来の働きが発揮されます。

水晶体はコラーゲンで出来ている?

老眼予防対策加齢とともに水晶体が硬くなれば、厚みを増したり厚みを減らすことが鈍くなってきますから、ピントがなかなか合わなくなるのも頷けます。
水晶体は私たちの体に潤いをキープさせるために必要なコラーゲンで出来ているので、30代、40代と年を重ねて肌の乾燥が気になる世代になったとき、必然的に水晶体の潤いも失われていきます。

潤いがなくなれば肌表面のターンオーバーの働きが鈍くなるのと同じです。
潤いを無くした水晶体は薄いままになってしまうのでピントが合わせられなくなります。

水晶体が硬くなり、毛様体筋の働きが鈍くなると老眼に

さらに毛様体筋という目の筋肉の働きも同時に衰えてしまいます。
私たちの体の筋肉が加齢とともに失われていくのと同じしくみです。

■毛様体筋の働きが弱くなることと
■先ほど話した水晶体の潤いがなくなること
老眼とはこの2つが重なることで起きてしまいます。
そもそもなぜ水晶体が硬くなるのかというと、先ほどから話しているように潤いがなくなることもそうですが、コラーゲンが酸化することで硬くなることも分かっています。

水晶体の老化は加齢の他、紫外線の要因もある

老眼予防対策酸化はご存知のように、私たちの体の老化を速めてしまいます。
活性酸素が活発に働くことで細胞がどんどん錆びついてしまうのです。

水晶体も同じで酸化したことによって老眼の症状が現れ始めます。
水晶体の酸化は加齢が要因のひとつではありますが、そのほかにも紫外線が大きな要因ということもわかっています。

ちょっと気になる話

お肌は日焼け止めを塗って紫外線対策が出来ますが、目は日焼け止めを塗ることが出来ません。
ですから、紫外線対策として日差しの強い日はサングラスなどをかけて紫外線対策を取り入れることで老眼の予防に繋がります。

更新日:

Copyright© 老眼予防サプリメントおすすめランキングベスト10|効果と価格で徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.